本文へ移動

会頭挨拶

お問い合わせ
0276-74-5121
ご質問やご相談など
お気軽にお寄せください
メールフォームはこちら

会頭挨拶

代表者あいさつ
年頭のご挨拶
 
 新年あけましておめでとうございます。会員の皆様におかれましては、令和4年の新春を少しホッとした気分でお迎えの事と存じます。
 今年の干支は壬寅(みずのえとら)です。意味を調べてみると「壬」は「妊に通じ、陽気を下に姙(はら)む」、「寅」は「螾(ミミズ)に通じ、春の草木が生ずる」という意味があるそうです。そのため「壬寅」は厳しい冬を越えて、芽吹き始め、新しい成長の礎となるイメージです。ウイズコロナからポストコロナへの転換の年ではないでしょうか?
 昨年は、東京オリンピック・パラリンピックが何とか開催され、苦難を乗り越え躍動するアスリートの姿に毎日感動していました。今回、特にパラリンピックの放送枠が増えたのも特筆すべき点だと思います。障害も個性であり、目標に向かって必死に戦う姿はオリンピック選手と全く変わらないと心から感じました。
 この二年間で当所の会員数は50件以上増加し、昨年末で1,300件近くとなりました。新型コロナ関連の相談窓口としての機能が功を奏したと言えましょう。この機会を捉え、会員となっていただいた方々に、さらに有益なサービスを提供し、有効に利用いただきたいと思っています。そこで、今年は会員の皆様とのコミュニケーションに力を入れたいと思います。
 まず手始めに、広報活動の強化として「商工たてばやし」の全面カラー印刷化及び紙面の充実や相談窓口機能を強化した「ホームページ」のリニューアルを実施します。また、次世代育成、販路拡大として高校や大学等とコラボし会員会社の保有する技術や製品を使った、新製品開発などにもチャレンジしたいと思っています。
 具体的には、「商工たてばやし」や「ホームページ」の内容をより充実させるため、会員の皆様からの声を多く反映させるべくプロジェクトチームを編成します。また、次世代育成については新製品アイデアコンテストを実施し、学生たちにプレゼンテーションの場を提供したいとも考えています。
 引き続き以下3つの基本課題を念頭に
  ⒈ 会員満足度の向上
  ⒉ 会員拡大及び財政改善・・・知恵と工夫で対応し、それでもダメなら汗をかく
  ⒊ 職員の育成・・・会員の皆さんに信頼される、人材となる
今年の課題に必死にチャレンジしていきたいと思っています。
 会員各位のご協力をお願いするとともに、本年が会員皆様にとって実り多い年となりますことをご祈念申し上げます。
 
会頭 正田 隆
TOPへ戻る